コンテンツへスキップ

冬の冷え断熱材で熱を逃がさない

冬の寒い日にどんなに暖房を入れてもあまり効果を感じられないということはありませんか。室内の暖房はエアコン、こたつ、ファンヒーター、ストーブなど使ってはいても一向に温かさを感じられないなどの経験はありませんか。温かさを感じられない原因は、室内の熱が外に逃げていってしまうからなのです。ではなぜ室内の熱が外に逃げるのでしょうか。

それは家に断熱材が設置されていないか、あるいは古くて効果が無くなっているからです。冬には断熱材の効果がない家の中の熱は天井、壁、床などからどんどん外に逃げ出します。

どんなに家の中で暖房をつけていても容赦なく熱は外に逃げ出してしまうのです。

家の中に熱を留めるためには家の外回りを断熱材でカバーする必要がありあます。断熱材でカバーすることで部屋の熱は逃げ出さず、留まります。断熱材が熱を逃がさないことにより、わずかな暖房でも家中を温めることが出来て電気代も節約できます。このように断熱材は冬の日のご家庭の温かいぬくもりを、家の中に熱を留めることによって支えます。

自分の家の底冷えが酷いとお困りの方は是非断熱材の設置をおすすめします。