コンテンツへスキップ

夏の日差し、断熱材でシャットアウト

どんなにエアコンをガンガンにきかせても真夏のあの暑さは身体にこたえませんか。エアコンはきいているはずなのに不思議です。それは太陽の強い熱が屋根や壁を通り抜けて室内に入り込むからなのです。室内に強い熱のまま入ると、今度は室内で熱がこもり蓄積してより暑くなるのです。さっきまでガンガンにきかせていたエアコンの部屋から出ると、途端に大量の玉のような汗が噴き出すのもそのせいなのです。なぜ家の中に強い熱が侵入してこもるのでしょうか。それは家に断熱材が入っていないか、古くて効果がなくなってきているからなのです。断熱材を家の屋根や外壁と内壁の間に入れると、それまで暑くて我慢できなかった家の中が、信じられないくらいに快適な空間に変わります。断熱材には外部からの熱を遮断し、同時に室内の温度を一定に調整して保ってくれる働きがあるのです。特に耐えられないくらいに、暑い日にこそ断熱材は効果をいかんなく発揮します。みなさまも是非一度断熱材のすばらしい力を体験してみてください。