コンテンツへスキップ

和風の間取りも自由自在の断熱工事

和風の家は、間取りもいくつにも別れ、開口が多く、広いなど、家の温度を一定にしにくい造りになっていと思いませんか。特に隣の部屋と開口で繫っている部屋などは、冷暖房が効きづらいです。ではこのように複雑な間取りの多い家は断熱工事しても室温の調整ができないのでしょうか。答えは、どんな複雑な間取りで作られている家でも、断熱工事は可能です。

断熱工事には、屋根、各階天井、床、壁などに設置出来る為、いろいろな種類の断熱材が用意されているのです。和風の家では、従来夏は過ごしやすく、冬は過ごしにくいとされていましたが、断熱材はいろいろな場所に使えるので、和室や梁の出ている天井、古民家風の家にも自在に形を変え使用できるのです。断熱材を設置すれば、夏も冬も快適な環境が家の中に出来上がるのです。昨日までは、あんなに暮らしにくかった家が今日からは、離れたくないような場所に変わるのです。

和風住宅で築年数が長く、住みにくいと諦めていた大事な家を断熱効果を実現することにより、家族みんなが、住みやすいと感じる、新しい我が家に生まれ変わらせましょう。